FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なり 考えてみる この機会

毎年10月は「臓器移植普及推進月間」だそうです

臓器移植とは「臓器移植とは、臓器の機能が低下し、移植でしか治らない人に、臓器を移植し、健康を回復しようとする医療で、臓器提供者はもとより、広く社会の理解と支援があって成り立つ医療」(厚労省HPより)だそうです

厚労省HPから様々な情報へリンクできますので皆さん是非一度読んでみてください(厚労省HP

臓器移植・・・・様々な問題に対し賛否両論ありますね。特に脳死状態での臓器提供や子どもの臓器提供などは意見が大きく割れるところではないでしょうか・・・

私自身もどう思う?と聞かれると難しくて・・・・・

自分自身に臓器提供の意思があるかと言われればあります。自分が脳死状態になったら自分の臓器で誰かの人生が開けるならぜひ使ってほしい・・・・そう思います。

ただ自分の家族がそういった状態になったらどうかと言われれば・・・・・う~ん・・・・
仮に妻が脳死状態になり妻に臓器提供の意思があることを認識していても・・・・おそらく私は臓器提供には踏み切れないと思います。
子どもがそういった状況になっても同じでしょう。

回復の見込みはなくても、その臓器で誰かの人生が開けるとしても・・・・やっぱり生命活動が終わるまでは踏み切れないでしょうしかりに生命活動終了後使える臓器があってもその身体に傷をつけることは耐えれないと思います

逆にこちらが臓器提供が必要になった場合・・・・

子どもが成人していればおそらく私は臓器提供は望まないでしょう。臓器移植に抵抗があるわけではないですがほかのまだ若い命を優先したほうがいいともおもいますし・・・・
でも子どもが幼いうちは・・・・やっぱりほしいと思うと思います

そして妻や子どもに臓器提供が必要な状況だったら・・・・何が何でも欲しい。出来ることはなんでもする・・・・きっとそう思うでしょう。

今、私は当事者ではありません。臓器移植のニュース等を比較的冷静な目で見ていると思います
しかし仮に当事者になったら・・・きっと冷静ではいられないでしょう・・・・

少し前、謝礼を払い臓器移植を受けた事件がありました。違法であり許されない行為です。恥ずべき行為です。

ですが自分の子どもがそういう状況になったとき、そういった行為を「恥ずべき行為」と断じれるか?自分にその誘惑があったとき頑としてはねつけれるか?・・・・正直自信がありません・・・・


・・・・だんだん何が書きたいのか自分でもわからなくなってきました・・・・

現実として臓器移植が必要な人がいて、臓器を提供する側にも移植を受ける側にも周囲に多くの人がいて、多くの人がいればそれだけ多くの考え方があって・・・・

何が正しいかなんてはっきり言えませんが、せめてこういった問題についてきちんと考えることくらいはこの機会にしてもよいのではないか?・・・・そんな風に感じます。

臓器移植にかかわる方、提供者側の方、提供を受ける側の方・・・・そういった方たちに私は一切悪意はありません。
ですが言葉足らず、思慮不足で不快感を与えるような内容がありましたら深くお詫びいたします

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
にほんブログ村







人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

死生観というのは難しい問題ですよね。 欧米では遺体の傷などにはあまり関心がないとも聞きますが、日本的な考えだとやはり綺麗なままでと思ってしまいます。
私自身はドナー登録しているのですが、家族がドナーになるのにはやはり抵抗があります。 ほんと難しいですね。

いえねこさん

こんにちは。コメントありがとうございます

死生観・・・・ホント難しいですよね。
誰もが向きあわないといけない問題であり、人それぞれ考え方があって何が正しいとも言い切れない・・・・

だからこそ真剣に向き合わないといけない問題であるとも思います

本当に難しいですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirokikyou1582.blog.fc2.com/tb.php/673-9599f7cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

水色桔梗1582

Author:水色桔梗1582
 水色桔梗1582がなんとなく「ブログって面白そうだなあ」と思って作ってみたブログです。
 
 不慣れなPCに戦苦闘しながら思ったことや興味のあることを自分のペースで書いていこううと思っています。

 また先日亡くなった親父への思いや葬儀などに関することも書いていこうと思っています。

なお私水色桔梗は「批判や反論」されることは好きですが「誹謗・中傷」の類は大嫌いです。
 
 誹謗・中傷と私が判断したコメント等は即刻削除させていただきます・・・と思いましたがやめました。

 

児童虐待がなくなることを強く願っています

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

最新記事

カテゴリ

ひとりごと (470)
親父に関すること (41)
ありがとう。親父。 (2)
ガンバレ!親父! (21)
歴史に関するあれこれ (33)
時代劇に関するあれこれ (8)
忠臣蔵に関するあれこれ (7)
児童虐待がなくなる日を願って・・・ (19)
家族でお出かけ (9)
スポーツに関するあれこれ (64)
ぜひ言いたいこと (3)
ごあいさつ (14)
母の闘病 (23)
気になったニュース (7)
妻の入院 (9)

月別アーカイブ

カウンターその1

こちらもよろしくお願いします

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PV計測タグ

参加しています

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。