FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり 記事が再掲 残念だ

皆様お久しぶりでございます。忙しいやらなんやらですっかり御無沙汰をしております

今日は赤穂浪士討ち入りの日。忠臣蔵大好きの私、何か書きたいのですがなかなか余裕が無く過去記事の再掲ですが読んでいただければ幸いです

ときは元禄15年残雪月に照り映える師走も半ばの14日。亡君浅野内匠頭の月違いの命日に大石ひきいる浪士たち。亡君の無念晴らさんと目指すは本所吉良屋敷、狙うは吉良の首一つ、鳴らす太鼓は山鹿流・・・いざ、討ち入り!

 ・・・って一昔前はものすごい人気あったけどここ数年はテレビでもあんまりやらなくなりましたねえ・・・

 最近では「ちょっと見方を変えれば、屋敷の人間がみな寝静まっている夜中に完全武装で押し入り、大量殺戮を行った、とんでもない犯罪といった見方もできます」なんていう考え方も結構ありますし・・・・

 ま、それでも一定の人気があるのが忠臣蔵、なんで忠臣蔵の物語って人気あるんでしょうねえ・・

 私の考え方を以前ヤフーの知恵袋で「日本人は忠臣蔵が大好きですが見方を変えれば屋敷の人間がみな寝静まっている夜中に完全武装で押し入り大量殺戮を行ったとんでもない犯罪といった見方もできます。 それなのになぜ忠臣蔵は今でも日本人の心をとらえるのでしょうか?」という趣旨の質問がありそれに答えた私の回答を引用・編集することで記事にしてみたいと思います

 まず最初に・・・忠臣蔵はあくまで史実を元に作られた物語であり日本人が好きなのはいわゆる元禄赤穂事件と呼ばれる歴史上に起きた事件ではなく「物語」であるいわゆる忠臣蔵だと言えます。
 
 忠臣蔵の物語に対し史実で浅野がどうだったとか吉良がどうだったとか言い出す人がいますがそれはナンセンスだと思います。

 もちろん史実はどうであったかを考えることは大切なことですが物語は物語として尊重されるべきです

 「忠臣蔵」は関東から出たこともない徳川光圀が諸国漫遊する「水戸黄門」や将軍が旗本を名乗り町火消に居候する「暴れん坊将軍」町奉行の両肩全体に見事な桜吹雪の刺青が入った「遠山の金さん」などと同じものなのです

 こういった時代劇にわざわざ史実がどうであったとツッコミをいれ物語を否定する人はあんまりいませんよね?

 忠臣蔵にだけはそういう人が多くいてむしろ不思議だったりします

 さててそういった目で見ると・・・「若い名君を死に追い込んだ極悪人を忠義の臣が様々な苦難を乗り越えて討ち果たす」というのは物語として面白く日本人好みの話だと思います

 赤穂浪士の行為はとんでもない犯罪といえばそのとおりでしょうが時代劇の世界ではもっとタチの悪い「自分たちが殺す相手にはなんの恨みもないが金で殺しを請け負う」必殺仕事人なんかも結構人気がありますからねえ・・・創作物においてその行為が客観的に正しいかどうかはあまり重視されない、むしろ創作物だからこそ本来悪であるが感情に訴えかける行為をしている人物を好意的に受け入れるんではないでしょうか?

 先日高倉健さんや菅原文太さんが亡くなられましたが任侠物の映画などが人気があるのも同じ理由だと思います

 もう一点。赤穂浪士は「客観的に正しいとは言えないが自分たちが正しいと思ったことを貫き通した」と言えると思います。
「自分の正義を通す」これって難しいことなんですよね・・・・特に大人は・・・

  自分がこうすべきだ、こうしたいと思っても上司だったり周りの社会だったりの顔色やなんやを伺ってそれを通すことができないことは少なからずあります・・・というより私なんかはそういうことのほうが多いです。

 だからこそ「自分の正義」を(それが社会の正義に反することであったとしても)貫き通した浪士たちに一種の憧れのような感情を抱くのだと思います。

 さらにもう一点。浪士たちは社会の正義と相入れない自分の正義を貫き結果社会の正義のもと死を与えられました。
 ここで浪士たちがその忠義を認められ許され幸せに暮らしました・・・ではここまでの人気は出なかったと思います。

  社会正義を破った彼らに相応の罰が与えられる。そこまでが忠臣蔵の物語です。吉良を討ってめでたしめでたし、ではありません。

 自分たちの筋を通すというのは一種の美です。そこに多くの人は憧れを感じます。ですがそのために社会の正義を無視するというのは許されないというのが明確にされていることが自分の正義を曲げてでも社会の正義に従っている多くの人に好感を持たれているのだと思います。

 ちなみに史実の赤穂浪士たちは自分たちの行為を「仇討ち」とは思ってませんでした。
史実の浪士らが残した書状や討ち入りの際の口上には「仇討ち」の「か」の字もないです。

 そして彼ら自身自分たちの行為が社会正義に反する行為であることを認識していました。

 忠臣蔵に対し「悪事を正当化している」という人がいますが当たり前です。

 そういう物語として作られたお話なんですからねえ・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
にほんブログ村







人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

がんに良いものを調べてみました

よかったら見てください。

がんに良いものを調べてみました

よかったら見てください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuirokikyou1582.blog.fc2.com/tb.php/687-f542ba99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

水色桔梗1582

Author:水色桔梗1582
 水色桔梗1582がなんとなく「ブログって面白そうだなあ」と思って作ってみたブログです。
 
 不慣れなPCに戦苦闘しながら思ったことや興味のあることを自分のペースで書いていこううと思っています。

 また先日亡くなった親父への思いや葬儀などに関することも書いていこうと思っています。

なお私水色桔梗は「批判や反論」されることは好きですが「誹謗・中傷」の類は大嫌いです。
 
 誹謗・中傷と私が判断したコメント等は即刻削除させていただきます・・・と思いましたがやめました。

 

児童虐待がなくなることを強く願っています

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

最新記事

カテゴリ

ひとりごと (470)
親父に関すること (41)
ありがとう。親父。 (2)
ガンバレ!親父! (21)
歴史に関するあれこれ (33)
時代劇に関するあれこれ (8)
忠臣蔵に関するあれこれ (7)
児童虐待がなくなる日を願って・・・ (19)
家族でお出かけ (9)
スポーツに関するあれこれ (64)
ぜひ言いたいこと (3)
ごあいさつ (14)
母の闘病 (23)
気になったニュース (7)
妻の入院 (9)

月別アーカイブ

カウンターその1

こちらもよろしくお願いします

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PV計測タグ

参加しています

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。